【古代のスパコン】誰が、何の為に?

オカルト

「世界は、謎で、満ちている」

カタカタカタカタ、カタカタ、カタカタカタッッッッッッッッッッ、ターーーーーンッッ!!!!!!

ハッ!ど、どうも、ものくろです、お見苦しいところをお見せいたしました!パソコンて便利ですよね、ええ、便利ですとも。なんでも出来ちゃうんじゃないかってね。

しかし、なんでもできる反面、なんにもできないのがパソコンなんですよね。

嘘です、マトリフ師匠の言葉を使ってみたかっただけなんです、ゴメンナサイ。(知ってる人いるかなぁ、知らない人は「ダイの大冒険」読もう!名作です!言葉は要らない!)

【漫画全巻セット】【中古】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 <1~37巻完結> 稲田浩司

価格:6,970円
(2019/6/6 19:44時点)
感想(2件)

万能ですよね、パソコン。ものくろ少年がパソコンを教わったときは、

なんでもできるけど、なんでも思い通りにはならない、それがパソコン(倒置法)

と、教わりました。ホントそうだな、としか思いません。(プログラミング?なにそれ、おいしいの?)

このくだりで、何を紹介するか、思い浮かんだひとー?

うん、うん、そうですよね、わかっちゃいますよねー。てか「古代のスパコン」でネタバレしすぎですよね。

でわ、改めまして

ふわっとした知識の部屋「ものくるーむ」へ、あ、ようこそーー!住人「ものくろ」ですはじめまして!どうぞよろしくお願いします!!常連様の方はまた来てくださって、どうもありがとうございます、また楽しんでいってください!

で、今回ご紹介するのは、なんとー

「アンティキティラ島の機械」です!!

え?って思った人・・・います?

アンティキティラ島の機械

画像 ウィキペディアより引用

アンティキティラ島近海の沈没船から発見された古代ギリシャ時代の遺物で、天体運行を計算するため作られた歯車式機械であると推定されている(ウィキペディアより引用)

え?

ロマンしか感じないんですけど!?

時代は1901年に回収されましたが、制作されたのが紀元前150-100年・・・

え?紀元前なの??

そうなんですよねぇ、つまりは「オーパーツ」なんですよ。

なんでも、この機械について最新の研究をなさってるカーディフ大学のマイケル・エドマンド教授によるとですね、

「この装置はこの種のものとしては抜きん出ている。デザインは美しく、天文学から見ても非常に正確にできている。機械の作りにはただ驚嘆させられるばかりだ。これを作った者は恐ろしく丁寧な仕事をした。歴史的にまた希少価値から見て、私はこの機械はモナ・リザよりも価値があると言わねばならない

とさえ言わしめてるほどです。すげぇ、モナ・リザ以上か・・・

実際写真から見てわかるとおり、ぶっとんでます。オーパーツの中でもこれだけは明らかに異質です。

内部構造

画像 ウィキペディアより引用

・・・・うん!おかしい!おかしい!

こんな精巧なギア散りばめる技術がその当時あったとはとても思えません!しかし、事実そこに機械はあったのです・・・

また、機械の目的が地上に居る観測者を基準とした天球上での天体の一計算なため、必然的に天動説モデルを採用しているそうです。

これにより矛盾はなくなります。(時期尚早か?いや・・・)つまりいにしえのコンピュータは存在したのです。

タイムトラベラーが造った、もしくは伝えた説は消えますし、はたまた地球外生命体が造った説もありえません。

確実に・その当時の・人間の手で・造られた物なんです。天動説モデルってとこが愛嬌ありますよね。

以前ものくろが書いたコスタリカの石球でも触れましたが

どんだけ天才がいるんだよ!

いや、コレを造った人は紛れも無く天才です。間違いないです。さかのぼると、かの有名な「アルキメデス」も関わっているそうだから驚きです。さすがですね。

月や太陽の動きや、その他惑星の動きまで計算式に当てはめて動く機械、すごくないですか?よく言う百年にひとり、千年にひとり、という天才が作り出したオーバーテクノロジーだったに違いありませんね。

世界の天才で、誰か、自動で出勤の準備をさせてくれる機械を作ってくれないかなぁ、と思うものくろでした。(歯磨いて、出勤の準備して、さあ出勤するぞ!って時に目が覚めて、夢だったときの絶望感半端ないんですよ。またおんなじこと、やんのかぁ・・って)

また見てくださいね!ばいばい!

タイトルとURLをコピーしました